カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針

経済経営学部

経済経営学部は、近年のグローバリゼーションのなかで、ビジネスや経営に関わる社会人にとって経済学の重要性が増したことに基づいて設置された学部である。経済学、経営学、会計学の幅広い知識を身につけ、独創性、専門性、豊かな人間性を兼ね備え、学ぶ楽しさを味わいつつ問題解決能力に優れた専門家を育成するためのカリキュラムを編成する。

経済経営学科

1.?経済経営学部は、1学部1学科制をとり、経済、経営、会計の3分野を統合した教育を行うことを特徴とする。このため基幹的な科目に絞って各分野の授業科目を厳選して編成する。これによって、学生が学修した内容を確実に身につけ、かつ3分野の中の特定分野にだけ偏ることなく、総合的な学習を行い幅広い専門性を身につけられるようにする。

2.?経済経営学部は、経済のグローバル化という時代の要請を受けて、従来の経営・会計の分野の授業科目に経済に関する授業科目を加え一層の充実を図るものであり、これを受けて専門科目は、「経済科目群」、「経営科目群」、「会計科目群」の3領域、及び3領域の学修にとって共通に必要となる科目及び演習、その時々に必要となる科目を設定する特殊講義などの「共通科目群」から編成する。

3.?全学共通科目は、学生が教養の幅をひろげ人間性を豊かにするとともに、学部の専門科目の基礎的な部分を補ったり、自らの課題に対して経済、経営、会計という学部の専門性とともに、幅広い視点から考えることができるよう設定している。

Comments are closed.

© 2015 Sofarider Inc. All rights reserved. WordPress theme by Dameer DJ.