アドミッション・ポリシー

埼玉学園大学のアドミッション・ポリシーを掲載しています。

埼玉学園大学アドミッション・ポリシー

本学では、大学進学者の多様化に対応して多様な形態の入試を実施しているが、選考の基本的なポイントを、他者との関係性を自覚し、知的向上の意欲を強く持っていることにおいています。

埼玉学園大学が目指すもの
埼玉学園大学は、「自立と共生」を教育理念としつつ、自分の力で問題を見出し、しっかりと考え判断して、進むべき方向や解決策を探すことのできる人材の育成を目指します。埼玉学園大学の基本姿勢
学生一人ひとりに即して、その個性や能力を多様に引き出すことができるよう工夫されたプログラムに沿って、「読む・書く・聞く・話す」などことばを運用するための基礎力を確かにし、資料の扱い方や読解の方法など思考の基盤となる知的体力の修得をはかります。
大学での勉学を真に実り豊かなものとするだけでなく、社会生活における様々な局面にも柔軟で賢明な判断を下せる人に成長してもらうことを目標としたプログラムです。こんな学生を求めています
埼玉学園大学の誇りは、教員が一人ひとりの学生と向かい合い、各人の個性や資質に即した親身の指導をしようと心がけていることです。
基本的な学力と同じくらい大切なのは、大学での勉強を通して自分をレベルアップさせようと願う向上心や、自分を取り巻く状況に広く目を向けていこうとする好奇心、自分と他者との関係性をしっかりと把握できる認識力などです。
学びたいという意欲や、困難を乗り越えて伸びていける意志と努力、積極性や誠実さなど、それぞれが持つ様々な資質は、どれもかけがえのない大切な財産です。本学では、このようなすばらしい資質を持つ学生を求めています。

入試形態別アドミッション・ポリシー

指定校推薦入試
高等学校との信頼関係に基づいて、高校生活での全教科における総合的な学力を持ち、人物について優れていると学校長が認めた生徒について面接を行い、知的好奇心や大学での勉学意欲、また集団生活への適応性などを有する学生を求めます。公募推薦入試
高等学校での活動において、すぐれた点を持つと学校長または教諭が認めた生徒について面接を行い、自己認識やコミュニケーションなどの言語上の能力や知的な意欲、また積極性や誠実さなどを有する学生を求めます。
また、経済経営学部においては、商業・情報などの学科・コースを設置する専門高等学校で、商業に関する科目において所定の成績を修めた生徒、又は、所定の資格を有する生徒についても面接を行い、より高度な専門的知識を学ぶ基礎を有する学生を求めます。一般入試(第I期)
本学独自の学力試験を実施し、本学の求める日本語能力(国語)と、得意な1教科(外国語、地理歴史・公民、数学、商業のいずれか)について、本学での学修における基礎学力を有する学生を求めます。

一般入試(第II期)
本学独自の学力試験を実施し、本学の求める外国語能力(英語)について、本学での学修における基礎学力を有する学生を求めます。

一般入試(第III期・第IV期)
本学独自の学力試験を実施し、基礎的な日本語能力(国語)をもち、大学生にふさわしい表現力と思考力の資質を有する学生を求めます。

大学入試センター試験利用入試(第I・II期)
大学入試センター試験の得点により、本学の求める日本語能力(国語)と、得意な1教科(地理歴史、公民、数学、外国語のいずれか)について、本学での学修における基礎学力を有する学生を求めます。(本学での個別学力試験は行いません。)

大学入試センター試験利用入試(第III・IV期)
大学入試センター試験の得点により、本学の求める日本語能力(国語)について、本学での学修における基礎学力を有する学生を求めます。(本学での個別学力試験は行いません。)

AO入試(オープンキャンパス参加型)
本学の指定したオープンキャンパスに参加し、少人数教育や言語運用能力の向上を目ざす本学の基本姿勢を理解し、その方針に沿って自分の能力を伸ばすことのできる生徒を、高等学校での状況と合わせ、1回の面談で選抜します。経験から学び取る力やコミュニケーション能力を有する学生を求めます。

AO入試(面談1回型)
少人数教育や言語運用能力の向上を目ざす本学の基本姿勢を理解し、その方針に沿って自分の能力を伸ばすことのできる生徒を、高等学校での状況と合わせ、1回の面談で選抜します。経験から学び取る力やコミュニケーション能力を有する学生を求めます。

Comments are closed.

© 2015 Sofarider Inc. All rights reserved. WordPress theme by Dameer DJ.