教員・保育士養成支援センター

教員や保育士を目指す学生が100%利用する
教員・保育士養成支援センター

教員・保育士養成支援センターを設置し、幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭一種免許状、保育士資格の取得を目指す学生を1年次から4年間サポートします。

Point 1
各種ガイダンスの開催
1年次春期に免許状・資格取得のためのガイダンスや個人調書作成ガイダンスな
どを開催。学生はここから目標に向かっての一歩を踏み出します。
Point 2
実習中の対応を行います
実習中の学生をサポートします。実習中の学生の巡回指導、
実習施設との連絡のやりとりやトラブルの対応などを行います。
Point 3
不安や悩みは何でも相談してください!
教員や保育士を目指す際には、不安や悩みはつきものです。
心配なこと、困ったことがあれば、気軽に当センターに相談してください。
Point 4
実習先は万全です
「実習先依頼のためのガイダンス」や「実習に関する個別相談」などの
手厚いサポートで、毎年、希望者の実習先は全員決定しています。
※小学校および施設の実習先については当センターが受け入れ先を確保しています。

吉村 日出東

吉村 日出東 子ども発達学科 教授

教員・保育士養成支援センター長

私たちとともに壁を乗り越え、「先生」を目指しましょう。
皆さんが教員・保育士を目指して成長していく過程には、さまざまな壁があります。教員・保育士養成支援センターの役割は壁を乗り越えるための助言やサポートを提供すること。代表的な壁が教育実習や保育実習です。実習先では社会人と同様に扱われるため、学生はかつて経験したことがない緊張感を味わいます。そこで当センターの職員が担任教員と連携して学生を密にフォローし、悩み解消に向けて迅速に対応します。また、教育の現場を知るボランティア活動も数多く用意し、あなたが「先生」となる準備をともに整えていきます。


comment

教育実習・保育実習で学ぶこと


教育実習・保育実習とは?
小・中・高等学校や幼稚園、保育所など実際の教育・保育現場を訪れ、大学で学んだ知識や理論を活かして、実践的な知識・技能・姿勢を養います。

学ぶこと1 実習事前指導
?manabukoto-1実習の前には、必ず事前指導を行います。きめ細やかな指導により、教育者・保育者としての心構えやマナー等を身につけます。
学ぶこと2 専門性を高める
?manabukoto-2教育・保育のあり方を現場で学びます。子どもの発達や学習状況を把握したり、季節ごとの行事や遊びなどを経験し、専門性を高めます。
学ぶこと3 多様性を知る
?manabukoto-3元気に遊ぶ子もいれば、気おくれして遊べない子どももいます。実習の場では、一人ひとりへの配慮のあり方について学びます。
学ぶこと4 子どもとのふれあい
manabukoto-4?はじめは、たくさんの子どもたちへの対応に戸惑いますが、子どもたちとのふれあいを通して教員や保育士への夢がふくらみます。
学ぶこと5 さまざまなイベント
manabukoto-5?発表会やイベントの準備を通して、子どもたちへの関わり方や行事の意味を考察し、教科書にはない大切なことを学びます。
学ぶこと6 教壇での指導
manabukoto-6?中学校や高等学校等で実際に教壇に立ちます。生徒たちへの指導技術や教育方法を実践的に学び能力を高めます。

千葉県船橋市(保育士)に就職

千葉 麻美

千葉 麻美 福島県 日本大学東北高等学校 出身

子ども発達学科 2016年3月卒業

実習先の調整や悩みの相談など、丁寧にサポートしてもらいました。
保育士を目指して、子ども発達学科に入学。千葉県船橋市の公立保育士に採用されました。教員・保育士養成支援センターは入学直後のガイダンスにはじまり、実習受け入れ先の手配や履歴書の書き方、実習に関する相談まで、私たち保育士志望者を一貫してサポートしてくれます。特に実習は初めてのことばかりで誰しも不安になるもの。どんなささいなことでもセンターの方々へ相談して解決することができ、とても感謝しています。


免許状および資格の取得過程

免許状および資格の取得過程


 

Comments are closed.

© 2015 Sofarider Inc. All rights reserved. WordPress theme by Dameer DJ.